パンかご飯か、朝ご飯


パンかご飯か、朝ご飯


パンかご飯か、朝ご飯

我が家の子供たちはご飯党なのでたまに困っています。

ご飯が好きなのはとてもいいことなのですが、朝はなるべく手軽なパンを食べてくれた方が、親にとっては大変ありがたいのです。

しかし、朝はあまり時間がないので、パンもトーストしてバターを塗るだけととても簡単にしてしまいます。それがいけないのかもしれません。毎朝今日の朝ご飯は何?と起きた早々にきかれます。パンなんだ、と答えると、またパンか。どうしてママはいつもパンなの?ご飯がいいよ~!と子供は率直に自分の主張をしてきます。それもそうかと思いました。私も子供の頃からご飯の方が好きでした。パンは滅多に食べたいと思いませんでした。

こういうところは私に似たんだなと思いました。ご飯があれば白米にお味噌汁、それにお魚などのおかずがつきます。それだけでいろいろな種類を食べることができるので、栄養的にもとてもいいと思います。本当であれば手間ひまかけたご飯食を朝から食べるのがいいというのはわかっています。

ただ、なかなか朝の時間は忙しくて大変です。下の子がもう少し大きくなってくれれば良いのですが、父親も朝ごはんは滅多にしっかり食べません。家にあるフルーツが関の山です。ですから、子供2人と自分のためにご飯食をせっせと作るのが少しめんどくさいというのが本音なのです。

しかし、パンは大人にとって良くても、食事自体は子どもにとっては体を作る大切な時期であることには間違いありません。少しでも時間があれば、ご飯食を毎朝作ってあげたいと私は思います。それが親心なのです。

さて、今朝も早起きをしましたが朝ご飯は何にしようかなと思います。卵があるのでオムレツとご飯と味噌汁でいいかなと思います。しっかり朝ご飯を食べると気分が良いものです。

お味噌汁は朝でも昼でも夜でも、ご飯の時には必ず出す品です。お味噌汁を食べつけると、今日の味噌はどこの味噌?とてもおいしいね!などと味噌のことを評価できるようになってきます。

味噌のことを語れるようになったら、一人前だなと私は笑って聞いていました。

VWゴルフ日産エルグランド

こどもちゃれんじの楽しさ

先日お友達からお風呂にもらったこどもチャレンジの本がありました。お友達がもう読み終わって、捨ててしまうだけの本をおさがりにいただいたのです。我が家の息子はしまじろうが大好きです。しかし子供チャレンジを契約していないので普段読みたくても本がないのです。いただいてとてもありがたかったです。早速ページを開いてみると夏休みに行った水族館特集がされていました。

水族館では、いろいろな形の魚の生活を間近に見ることができました。大きさも色々で泳ぎ方やスピードもいろいろでした。子供は心底魚に興味を持っていたのですが、その時色々魚のことを質問されたのですが、私はきちんと説明ができませんでした。親の知識不足からでした。図鑑を見て一緒に勉強したかったですが、なかなかそんな時間もなくてそのままにしていたところにこの本が来て本当に良かったのです。

ちょうど水族館で見た海藻にそっくりな魚も載っていて急に記憶がよみがえりました。一緒に、あれもいたね、とかむなびれがついているんだね、とか顔が面白い魚だね、などとお魚の話題で盛り上がってしまい、ついつい夜更かしするほどでした。

こどもチャレンジの本は、よくよく見てみると本当に子供の興味をそそるようにできています。毎月購読していて読まなくなってしまった子供の気持ちがあまりよくわかりません。ずっととっていると、飽きてしまうかもしれませんが、うちのようにたまにいただいてみたりすると本当にためになることばかりが書いていて子供も興味津々です。

大きなストーリーの話では、空気中では手を普通に叩くことができるが、お風呂などの水中ではうまく叩くことがうまくできないというような話があり、自然とそのようなことに気づかせるような誘導の仕方をしているのだなとこちらも考えさせられました。理科の発想ですね、日常生活からそうした疑問を見つけ出すと、子供の興味の持ち方が違います。

今回こんなに楽しめた本なので、息子が気に入れば今からでも入会してみようかなと思っています。ワークブックをやるかどうかが疑問ですが、とりあえずみせてみようと思っています。