王室の格式を比較する


王室の格式を比較する


王室の格式を比較する

今日のニュースで大変面白い報道を目にしました。オリンピックも開かれたロンドンの王室のヘンリー王子がオリンピック直後のプライベートの時間に、友人たちと超高級ホテルのスイートルームを借りてどんちゃん騒ぎをしていたというのです。そして、ありえない全裸で大はしゃぎしている姿を動画や画像に撮られてしまい、広く出回ってしまったのです。現地のイギリスでは大騒ぎです。イギリス王室も実際、この画像の人物はヘンリー王子だと認めていると言います。

こんなことが由緒正しい王室でもおこるんだなと驚いた面もあるのですが、もともとこのヘンリー王子は、前々から数々のスキャンダルで大きく取り上げられていました。

ある時は、ナチスドイツの恰好をしてふざけてしまったり、お兄さんのウィリアム王子のことを剥げているなんて本人を目の前に言ってしまったりと、結構なやんちゃぶりを発揮していたので、その延長線上なのだなと思いました。

イギリス王室ってあまり厳しくないのでしょうか。日本の皇室と同じようなはずなのですが、日本の皇族がこういうことをするなんてあまり聞いたことがありません。王位継承者ではない別の女性皇族の人が留学先で羽目を外して喫煙風景を写真に撮られて、日記を誰でも見れるブログにUPしてしまったりして、大目玉をくらって急きょ帰国させられたことは知っていますが、日本の報道ではだいたいスルーされて、公にはされていないニュースでした。しかも、イギリスの王室は結構離婚している人が多いのですが日本の皇族はほとんどそんな話はあまり聞きません。チャールズ皇太子とダイアナが離婚した時は日本でもとても驚かれました。こちらでいえば皇太子夫妻が離婚するのと同じなのですから。

世の中でも離婚は大変多い時代ですから、皇族の方がまったく夫婦円満で問題がないとは思えないのです。きっと我慢しているんではないかなと思ってしまいます。

そんなことからイギリス王室の軽さと日本皇室の由緒正しさをついつい比較してしまうのです。

イギリス王室もあまりふざけたことをし過ぎると国民の支持を集められないと思います。

アウディa4

海の生き物に夢中

先日、子供と一緒に水族館に行きました。実物を見れたわけではないのですが、トビウオのレプリカがあり、子供は大変気になって帰ってきました。海の生き物のトビウオ、おさかななのにどうして飛ぶことができるのかが不思議でならなかったようです。鳥のようにはねがあるの?と疑問を私にぶつけてきます。私は頑張って調べてみることにしました。

実際に、トビウオは海に生きる魚なのに海の上を飛びます。それはなんでかというと、敵から身を守るために飛ぶのです。トビウオはそれほど大きくない魚ですから、シイラやマグロなどの魚から常に狙われます。大きな魚に狙われると、身を守るために100メートル以上も飛ぶことがあると言われています。長距離をとぶためには、まず尾びれを使って勢いをつけて、飛び上がることが必要です。こういう話は調べてみないとわからないので大変ためになりました。

また、トビウオのむなびれは、飛んでいる間は飛行機のようにピーンと張っている状態なのだそうです。

また、はじめて知ったのですが、よく私たちが食べるイクラなのですが、これはもちろんサケの卵です。しかし、トビコってなんの卵なのか、実際知りませんでした。実はトビウオの卵なのでした。こうしたことを初めて知ると子供の目はとても輝いて見えます。

そんなことから私はよくテレビに出ているお魚の専門家である「さかなくん」の存在を教えてあげました。さかなくんはおさかなのことをなんでも知っていて、おさかな博士なんだよ!と言うとその人を見てみたいと言いました。私はインターネットで彼の画像を探しました。まんぼうの帽子をかぶっていると思っていたのですが、実はハコフグの帽子でした。この帽子が欲しいと今度はこれに騒ぎ出しましたが、なかなか売っていないんですね、バンダナはあるらしいのですが…。

そんなこんなで、この夏休みをきっかけに随分と海の生き物に興味を持ったようです。蟹ひろいもしました。初めは恐る恐るでしたが、最後の方は入れ食い状態で手ですばやく職人のように拾っていて頼もしい限りでした。

また来年の夏が楽しみです。